ヴィーガンファッションの注意点。以前の洋服は捨てるべき!?

ヴィーガンになる過程・入り口は人によって様々ですけど、
大別すると動物愛護か健康目的の二通りが非常に多いと感じます。

最初は菜食主義を食生活に取り入れるところから始まるのですが、次第に動物由来の原料を使用していない生活雑貨や動物実験を実施していない洗剤などにも興味が湧いてきます。

今回はヴィーガンが注意すべき洋服の問題についてがテーマです。

Sponsored Link

案外多い動物由来の衣服

アドミラルの白スニーカー 毛皮のコートやウール(羊毛)のセーターなんかは見てすぐ分かるので簡単に避ける事ができますね。革靴や財布、ベルトあたりは合成皮革の製品がたくさん販売されています。

ただ、注意したいのは通販利用の際に原材料表示がされていない隠れ材料がある事。

上の画像は僕がヴィーガンになって半年くらい経過した時に通販で買ったスニーカーです。
この頃は新たに購入する洗剤や調理器具などもヴィーガン対応かどうかチェックしてから購入するようになってはいたのですが・・・。

届いた商品を開封してみると・・・、
アドミラルの白シューズ かかと上部に牛皮らしき素材が・・・。
普段意識していなかった意外なものに意外な素材が使われている。
※追記:写真のは合成皮革だそうです。

これは完全に僕のミスなのですが最近ではメルカリなどのフリマアプリが爆発的人気を得ている現状があるので、原材料の見えない通販やフリマアプリで物を買う際は注意しましょう。

既に持っている動物製品は処分?or大事に?

Sponsored Link
人によってヴィーガンになる過程でスタンスが分かれるのが手持ちの動物由来製品を処分するのか大事にするのかについて。

関連記事:ヴィーガンの香水の選び方&おすすめブランドも!

実際のところヴィーガンになった理由を人に説明する際は「動物愛護のためです」みたいに簡潔で単純な返答をせざるを得ない場面も幾度と無くあるのですが、“命の尊厳だけ”とか“自分の健康だけ”みたいな分かりやすい人なんて見た事が無いです。

なので遺伝子組み換え作物を飼料に含む家畜由来の調味料を処分するかどうかについて、個人の健康のために捨てるのか、環境のために最後まで使い切るのかについては一言で片付けられる問題では無いと思うんですよね。

当ブログ読者の方でもこれから生活全部をクルーエルティーフリーに変えたいけど既に所有している革製品を捨てるのは命の無駄遣いになるし・・・、と悩んでいる方がいるかもしれません。

特に周りのヴィーガンコミュニティーの方に責め立てられるような事は無いですし、その矛盾はヴィーガンの両親に育てられたような生粋のヴィーガン以外は誰しも経験している通過儀礼なので、ご自身の生活環境に合わせて無理なく改善していって下さい。

ヴィーガン歴が長い人ほど色々な矛盾や葛藤と戦っていたりもするので、優しく接してくれると思いますよ(^^)

以前ヴィーガン&ベジタリアンのミートアップ(オフ会)に遅れて来た方がいました。
彼女は遅れて来た理由を「普段は昔購入した動物性衣類を大事にして着ているんですけど、この会では気にする方もいるかと思って、家を出た後に一旦戻って着替えて来ました。」とおっしゃっていました。
しかし、それを聞いた他のベジの人たちはポカーンとしていました(^^)

その問題はほとんどの方が経験済みですし、有名ブランドでない限り合成皮革かどうかなんて見極めもできないですしね。

また、英語圏のブログや掲示板サイトを見るとコメント欄でヴィーガンとベジタリアンが喧嘩をしているのをたまに見かけますが、日本ではヴィーガンとベジタリアンは仲が良い傾向にあると思います。

まだまだ日本社会の中でマイノリティーなヴィーガン&ベジタリアンコミュニティーの間で、自分とは若干主張が合わないだけの人を真っ向批判できるほど余裕は無いだけなのでしょうか・・・。

個人的には自分の身近な人を菜食方面に誘導する事すら満足にできていないのに、同じ方向を向いている同士の“てにをは”の修正を嫌らしく指摘するのもおこがましい気がしています。

少なくとも!
何のためのヴィーガンかと考えたら、マクロ的には環境問題の分野になりますしミクロでは目の前の命のためです。

洋服では無いですが羽毛布団とか10年使える製品もあります。
今すぐ処分しないと自我を正常に保てないのなら寄付という手段もありますし、逆に最後まで責任を持って大事に使うというのも否定のしようも無いと思います。既に虐殺に加担しない決意は固まっている訳ですしね。

これから身の回り品の管理を真剣に取り組んで行きたい方も、気長にクルーエルティーフリーに取り組んでみてください(^^)

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)