スペアミントの使い方!料理で大量消費するには・・・。

「スペアミントを植えておいたら勝手に増えてしまって大変!」

自宅でミントを育てている方なら、この悩み、ありますよね。

普段の外食で“がっつりミントレシピ”を目にする機会って無いに等しいので、大量繁殖してしまったミントの使い方・使い道って初心者にとっては迷うもの。

料理本を見ても“カクテルにちょこん”と一つまみ乗っかってるだけですからね。

今回はまぁ、サムネイル画像がネタバレみたいなもんなんですが、ざっくりと“消費のコツ”を紹介します。

一度覚えてしまえば、「全然難しく考える必要は無かったんだなー」って思えるようになりますよ!

Sponsored Link

レシピ


材料:
  • ズッキーニ:1個
  • オリーブオイル:適量
  • 天然塩:適量
  • ブラックペッパー:適量
  • スペアミント:適量

【つくりかた】

1.オリーブオイルでズッキーニを焼く
2.塩コショウで味付けする
3.生のスペアミントと一緒に盛り付ける

【お料理メモ】

・スペアミントは熱に触れると直ぐにヘナヘナにしなびてしまうので、完成したら直ぐに食べましょう。
・ズッキーニを縦に重ねるようなイメージで盛り付けたら、高級フレンチのような見栄えになるよ。
・スペアミントの量が多い場合はズッキーニとミルフィーユ状に重ねましょう。

料理に使いやすいミント

Sponsored Link

案外、使い方は簡単でしたよね?

はじめてミントの栽培を始めた人は繁殖力の旺盛さに驚いたかもしれませんが、ま、それだけコスパの良いハーブだという事。

ミントを単なる“ハーブ”として取り扱うと消費に困るのは確かなんですけど、葉物野菜として扱えばね、カイワレみたいなノリでサラダにも使えちゃうんです。

ただ、自宅にあるのが“アップルミント”のようなフルーティーな香りのミントの方はご注意ください。

“清涼感が強すぎて不快感100%のサラダ”になってしまう可能性もありますからね。

因みに、ミント栽培では放置やら種間交雑やらで失敗とされる“雑草化”も、こういったサラダ菜感覚の利用方法ならむしろお構いなしだったりします。

雑草化したミントってミントの清涼感が“良い意味で(笑)”薄くなっていたりしますもんね。

雑草化に頭を抱えていないで一度料理に使ってみてください(笑)

料理に使うなら茎が細いものの方が、茎ごと美味しく食べれるのでオススメです!

もちろん茎が太い場合は葉っぱの部分だけでも美味しく頂けますけどね。

これも、ベランダ栽培の場合は“貧弱な茎”はある意味では栽培の失敗を意味するんでしょうけど、サラダ菜感覚で食べたいなら成功とも言えます。

スペアミント栽培は成功しようが、失敗しようが、自生して雑草化しようが(笑)有効活用できる優秀なハーブと言えますね(笑)


僕も栽培を始めたばかりの頃は夢だけ見てた(笑)

このあと庭がミント畑になろうとは(笑)

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)