ソラノイロのベジソバ(ヴィーガン対応ラーメン)を食べてきたよ!

噂には聞いていて、一度は行ってみたかったんですけどね、なかなか東京駅の構内から外に出る機会が無くて挑戦出来ずにいたんです。

そう、今回はミシュラン東京にも掲載された超有名店『ソラノイロ』のベジソバを食レポです!

・・・、しかしこのヴィーガン・ベジタリアン向けラーメン、味に対する評価が両極端に分かれてしまっているんですけど、口に合わなかった人でも美味しく食べれる方法もあるので、そこんところも紹介しちゃいます!

Sponsored Link

基本情報

基本情報

  • 名称:東京駅店(ソラノイロNIPPON)
  • 住所:東京都千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅一番街地下東京ラーメンストリート内
  • アクセス:JR東京駅八重洲南口直結(改札外)
  • 営業時間:7:30~9:30(L.O.)※9:45クローズ
    10:30~22:30(L.O)※23:00クローズ
  • 定休日:無休
  • 電話番号:電話番号:03-3211-7555
  • 料金:1000円前後
  • 菜食区分:veganメニューあり
  • 参照:ソラノイロ

お店の雰囲気


「ん?何だこの通りは?」

実を言うと、東京駅の改札を出たところで迷子になっていた時に(笑)、たまたまラーメンストリートを発見したんですよねー。

ラーメン屋だらけの通りを興味本位で覗いてみたら、ベジソバで有名な『ソラノイロ』がある!

ヴィーガン対応のラーメンが食べられるとの噂は聞いていたので、そのまま立ち止まる事も無く無心で入店してしまいました。

僕は一人だったのですがカウンター席の両隣は外国の方だったので、日本ブーム、ラーメンブーム、菜食ブームを肌に感じることが出来ました(笑)

ラーメン屋さんでも店内は清潔で過ごしやすかったですよ。

あ、客席数は多めなので数人程度の行列なら、直ぐに案内されるはずです!

メニュー

※メニュー画像だけ撮り忘れてしまったので、ベジ友さんの許可を頂いてSNSから拝借させてもらいました。Hさん、ありがとうございます\(^▽^)/

菜食区分のところにも記載しましたが“VEGANメニューあり”って事で、ヴィーガン料理の専門店という訳ではないです。

ヴィーガンの方は通常のうどん用粉がベースのパプリカ練り込み麺と玄米麺から選べるのですが、“味玉入り”のベジソバもあるので注文の際はお気をつけ下さい。

今のところ、たくさん食べたい場合は玄米麺の替え玉はできないそうですね。

玄米麺だけだと供給が追いつかないんでしょうか。


デザートにグリーンスムージーや豆乳のソフトクリームなんかもあるので、品揃えが“ヨーロッパにある日本風ラーメン店”って感じですよね。

外国人のゲストも多いだけあって、ヴィーガン対応だし、玄米麺も選べるし、「様々な国籍や食事制限の人を満足させてあげたい!」って強い意思のようなものを感じます。

食べたメニューの感想

ソラノイロ(東京駅店)のベジソバがコレ!

今回は減農薬の玄米麺をチョイスしました。

グルテンフリーダイエットの方にとっても嬉しい選択肢ですよね。

ネット上で画像検索してみたところ、トッピングの野菜は大体統一されているっぽいですけど、店舗や時期によって若干変化しているっぽいです。

キャベツ・ブロッコリー・人参あたりは乗っかっている事が多いみたいですね。

ところで、ラーメンの食レポなんだから真っ先にスープの感想を述べるべきなんでしょうけど、ちょっとこのスープ、ネット上では評価が分かれてしまっているんですよね。

口コミは


ツイッターの口コミでは意見が分かれているみたいなんです。

色んな人の意見を聞いてみると、「原因は大きく分けて3つ位はあるのかなー」と感じました。

【ヴィーガン料理に慣れていないのかも】

通例では動物性の出汁や具材を入れるのがラーメン。

普段からヴィーガンの食生活を送っている身としては、「通例のレシピをヴィーガンレシピで作った方が美味しい料理もあるんですよ」って事を積極的に主張したいところなんですけど、まぁ、ヴィーガンレシピで挑戦すると中々味がキマらない料理もあったりします。

そういうレシピも世界中で日々改良が重ねられているんですけどね。

【化学調味料に味覚が毒されてるのかも】

僕はゴミ拾いのボランティアを隔週でやっているので、非ベジタリアンの人達との交流も多かったりします。

もちろん、非ベジな人達とは一般的な居酒屋なんかにも行くのですが、“冷やしトマト”なんかにも“味の素”が振りかけられていたりするんですよね。

わざわざ健康を害する「精製塩と化学調味料を振り掛けるなら、天然塩だけを掛ければ良いじゃん!」って思ってしまうのですが・・・。

“奇妙な味付け”がスタンダードな外食産業に、どっぷり浸からないようにはしたいものです。

【単純に、塩味が足りていない】

普段よく行く自然食品店やベジカフェのオーナーさんと雑談をしていると、“オススメのベジタリアンレストラン”の話しになったりもします。

で、有名店のソラノイロの話しにも当然なるのですが、どうやら、何十年も化学調味料とは無縁の生活をしているような人の中でも、「ソラノイロのベジソバの味付けには違和感を覚える」って人はいるようです。

もちろんベジソバは野菜の旨味がつまっているんですけど、“塩加減”がね・・・。

スープが甘いですから。

僕だって、食事をしに出掛けて甘いラーメンを出されたら「マズイ!」と条件反射的に言ってしまう気持ちは分かりますよ。

でも、大丈夫!
卓上のピンクソルトやガーリックを使えば“一般的なラーメン”を想定して来た人でも美味しく食べられます!

実は、この記事の編集を始めて投稿するまでの間に、3回もソラノイロに通ってしまっているのですが(笑) 僕は塩を入れて塩ラーメンにした方が好きですね。

野菜の旨味は既にギッシリ詰まってますから。

最初に何口かスープを口にして、口に合わないようなら自分好みにアレンジしちゃって下さい!

まとめ

Sponsored Link

ソラノイロはヴィーガン専門店では無いので、色んな食事制限がある人がいても一緒に食事を取る事ができます。

一度行ったことはあるけど「口に合わなかったなー」って人は、タイの屋台料理みたいなノリで、卓上の調味料も駆使して再チャレンジしてみて下さい。

めっちゃハマりますよー(^^)。

そうそう、東京駅と言えば、駅の構内にもヴィーガンラーメンを食べられるお店があります。

数年前と比べると、ベジタリアンでも生きやすい環境が整ってきましたよね。

【関連記事】
東京駅中のヴィーガンレストラン、Tsたんたんで安心ランチ!

僕は東京駅には滅多に用事が無いのですが、山手線で移動中に途中下車してまでも行くお店なので(笑) 是非読んで行って下さい!

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)