ローソンで買える田辺農園のこだわりバナナが色々と最強すぎる件

「安心して美味しく食べられるフルーツをいつでも食べたい!」

近年では農薬やポストハーベストを気にして、あまり積極的にバナナを食べなくなってしまった人もいるそうですね。

ここ数年ではスーパーでも有機バナナが流通しているのを見かけるようになってきましたが、コンビニのローソンでも有機バナナが手軽に買えちゃうんです!

「コンビニでは生鮮食品は見向きもしないなぁ」という人も、田辺農園のバナナを食べないと人生損する事になりますよ・・・。

Sponsored Link

田辺農園のバナナの特徴

田辺農園はバナナ輸出大国の南米エクアドルで田辺正裕さんが経営している循環型農法を採用したバナナ農園です。

味へのこだわりはもちろんの事、消費者の健康にも配慮したや安全品質、更には環境保全にも配慮した農場運営を行っています。

田辺農園のバナナの深い甘さを育む標高約300mの高地に広がる350ヘクタールの土は、出荷できなかったバナナや葉などを利用した有機質肥料によって作られました。

また、近隣の牧場などから出る鶏糞や牛糞も発酵肥料として利用しています。
土作りからこだわって、化学肥料は一切使われていません。

バナナを洗浄する際には汲み上げた井戸水を活性炭でろ過し、オゾン殺菌処理した浄水を利用しています。
オゾン殺菌後はそのまま真空パックで輸出されるのでポストハーベストの問題もありません。

【ポストハーベスト農薬の問題】
外国などの長距離輸送のために収穫された後に散布される農薬の事で、輸送中のカビや虫による瑕疵を防ぐ役割があります。
しかしポストハーベスト農薬は非常に高い濃度なので、野菜や果物の中に浸透する恐れがあります。

催奇形性や発がん性が指摘されているものもあり、国内品に関しては名目上禁止されています。
外国産のバナナはポストハーベスト農薬がよく使われる作物なので、品質には注意が必要です。
Sponsored Link

ローソン以外で買えるお店は?


いつでも田辺農園のバナナが食べたいっ!!
田辺農園はANAグループが独占販売しているので、ANAグループと契約している小売店で購入する事ができます。

確認できている販売店

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • 成城石井
  • コープ
他にもまだまだあるかもしれませんね。
参考価格として、ローソンでは1本あたり税抜き100円で販売中。

ANA直営の通販サイトでも手に入りますが、10kg程度以上~で数千円で購入する事になるので一般家庭での消費は難しいかもしれませんね。

イベントなどに合わせて箱単位で予約する意味では良いかもしれませんが、少量なら近所のローソンでも予約できそうな気もします。

消費者の安全だけでなく環境にも配慮した田辺農園、これからも是非応援していきたいですね。

田辺農園のバナナ“だから”できるレシピ

有機肥料とオゾン殺菌した井戸水で作った安心バナナだからできる食べ方・・・、それは皮ごと調理をする事です!

最近では特に、安眠効果のあるとされるバナナシナモンティーを飲んでいます。

【関連記事】
バナナの皮の食べるお茶!?幸福感や安眠効果も。

最近よく休んでいるつもりでも、疲れが中々取れないなぁという方は、バナナの皮茶で睡眠の質を向上されてみて下さい。

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)