【食品編】iHerbのおすすめ人気商品ランキングTOP30

僕は筋トレを始めたのをきっかけにiHerbを利用するようになったので、初回利用当時である4~5年前の注文内容を覗いてみると、ほとんど筋トレサプリだったりします。

最近では注文内容の大半が食料品になってきていますが、ここ数年では動物実験されている製品を避けるようになったり、環境に優しくない洗剤を避けるようになったり、生活態度や意識も変わってきました。

まだまだオーガニック文化とは程遠い日本の都市部で、環境に優しく、より健康的な食生活を送るにはiHerbが欠かせません。

アレルギー対応やベクレルフリーまで考慮に入れると、何でもかんでも地産地消で解決できるとは言い切れないですしね。

今回はiherbの食品カテゴリー初心者の方向けに、抑えておくべき人気商品や個人的なおすすめ商品を紹介してみたいと思います!

今更きけないiHerbの基本情報

Sponsored Link

iHerbは1996年に創業した自然製品オンラインショッピングの老舗です。

健康や自然環境に優しい製品を中心に取り扱っているだけではなく、iHerbが2015年に震災や学業支援のために行った世界的な寄付は、金額ベースで$971,772にも上ります。

また、消費者としても常に30~40%オフの自然食品やサプリを購入することができるので、添加物まみれの食品に対して高い金を出すのが馬鹿馬鹿しくなってしまいます。

もちろん、条件を満たせば日本国内への送料も無料になります。

▼【関連記事】

iherb(アイハーブ)での初回注文方法!

2016.06.15

ちょっと待って!iHerbで買い物する準備はできてる?

iherbでは試供品や在庫処理、サプライヤー企業とのタイアップ等で、大型セールが長期間に渡って継続される事があります。

そういった商品は他の商品よりも多くのカスタマー評価を得ることになるし、セールが終了したからといって評価がリセットされるわけでもありません。

5つ★が1000個付いていても人気商品とは限らず、単に長期に渡って割引対象だっただけって事も充分に考えられます。

当記事の注意点

そもそもiHerbの主要顧客層からして、
  • 健康維持
  • 持病を克服したい
  • 美容目的
  • ダイエット中
  • アレルギー対策
  • 体を鍛えている
  • 環境保全
  • 動物犠牲の強い食品を拒否
実際はもっと多岐にわたる譲れない消費者意識が無数にあるんだと思います。

大体どこの国の健康コミュニティーでも、単純に健康体を維持できれば良いだけっていう人は「新鮮な野菜食べてれば良いよね」みたいな発想になりがちだし、一方で持病を対処療法的に治そうとしている人は、“一物全体”とは間逆でサプリメントを利用していたりして意見が対立しがちな気がします。

更に“対処療法”と言っても、体質や体調に合う食材でポテンシャルを上げて行く方法が主流な一方で、少量の病原を宿して免疫力を上げて行く間逆の考え方もありますね。

“この記事の読者の属性は非常に広いはず”なので、参考になるものだけ参考にして頂けたら嬉しいです!
当サイトのiHerbへのリンクには全て5%オフクーポンが適用されています。

第30位:Chimes Ginger Chews


インドネシアで製造されている生姜味のソフトキャンディーです。

生姜味をより強く感じたいならオリジナルが一番良いと思いますが、どれも美味しかったです。

日本の似たような製品は水飴(遺伝子組み換え原料不分別)が使われていることが多いので、そういった商品よりかはマシかなと思います。

主成分がケーンシュガーなので白砂糖よりはマシですが、“完璧で健康的な”お菓子を求める人にとっては不満のある商品かもしれませんね。

生姜のピリ辛が苦手な方にはピーナッツバター味が食べやすいかも。

第29位:Florida Crystals ケーンシュガー

Florida Crystals ケーンシュガー
  • オーガニック
  • カーボンフリー
  • ヴィーガン対応
  • 環境にも優しい

iHerbの利用者なら、ほとんどの方が白砂糖の健康被害についてはご存知だと思います。

もちろん健康最優先という意味では、デーツやココナッツシュガー、玄米甘酒や玄米水飴のような低GIの甘味料に劣る部分はあります。

ただ、低GIの甘味料って香りが強くて食材との相性を選んだり、美味しく食べられる期間が短かったり、使い勝手が悪いものがほとんどなんですよね。

「ケーンシュガーなら安心!」って言い切れるほど低GIでも無いですが、白砂糖よりは低GIで、味の面でも変な自己主張をして来ないので便利です。

南国のサトウキビが原料で体を冷やす効果があったりもするので、個人的には夏場の2軍・3軍の甘味料って感じで使ってます。
「ケーン・シュガーって環境に良くないんじゃないの?」って気になる方もいるかもしれませんが、この商品は焼畑無し&牛骨フィルターろ過無しのヴィーガン対応です。

第28位:Panda Licorice ソフトリコリス

Panda Licorice ソフトリコリス
  • ゼラチンフリー
  • ノンGMO
  • 人工着色料・防腐剤無し
  • ヴィーガン対応

日本では『世界一まずいグミ』とか言われていますが、抗炎症、抗ウイルスなどの効能があるリコリス(甘草)のソフトキャンディーです。

ヨーロッパに旅行すると現地のギャルがキオスクで購入しているのを見かける事があります。

若い頃はグミが大好きだったのですが、白砂糖やゼラチンを避けるようになってからはリコリスキャンディーにお世話になっています。

たくさん入っているのでコスパも良いですが、糖蜜や小麦粉を使用しているので気にする人もいるかも。

第27位:Simply Organic バジル

Simply Organic バジル
  • オーガニック
  • コーシャ

Simply Organicのスパイス&ハーブはオーガニックなのに安い!

その一方で嬉しいデメリットなのが、量が多すぎること

バジル以外にもシリーズで種類は豊富なのですが、トマト料理を作る習慣が無いのにオレガノとか買ってしまったら悲劇が起きます。

とてもお気に入りのブランドなのですが、食材を無駄にして欲しくないので、取り合えずはパスタとかで簡単に消費できるバジルをお勧めさせてください。

>>Simply Organicブランドページ

まぁ先ずは、「使い慣れているハーブで量を確認してくれたらな」というニュアンスで紹介しています。

第26位:St. Dalfour ジャム

St. Dalfour ジャム
  • 砂糖不使用
  • 人工香料・着色料不使用

「日本でも全然珍しくないブランドだし何でランキングに入れたの?」って思われるかもしれませんが、単純に国内で買うのと比較して、価格が1/2くらいなので良いかなと。

St. Dalfourのブルーベリージャムを初めて食べたときは「本当に砂糖使ってないの?」って驚いてしまいました。

種類によりますが、甘味はグレープジュースや(デーツ)あたりで付けているものが多いです。

こういう煮詰める系の食材だとGI値はどうなるんでしょうかね?

なんとなく砂糖大量のジャムよりかはマシっぽく感じますが。

第25位:Edward & Sons オーガニック マッシュポテト

ホームスタイル
ローストガーリック
  • オーガニック
  • グルテンフリー
  • ヴィーガン対応

“忙しい時のもう一品”に便利なインスタント・ポテトです。

iHerbユーザーはこういったインスタント食品が嫌いな方も多いと思いますが、“乾燥野菜”ってノリで入れてみました。

もちろん、常に新鮮なオーガニック野菜が手に入るような人には無理に勧めませんよ。

忙しいときに冷凍庫から取り出して、ココナッツオイルと豆乳と一緒に加熱するだけで、5分でマッシュポテトができるのは、料理の負担が少なくて便利に感じます。

原材料にパーム油とあったので長いこと距離を置いていた製品ですが、2017年1月にRSPO加盟したのでランクインさせました!
因みにオートミールで有名なBob’s Red Millも同様の製品を販売していますが、こちらは非オーガニックで低価格の大容量タイプ。

>>Bob’s Red Mill ポテトフレーク

もうちょっと頑張って欲しい。

第24位:Peanut Butter & Co. ピーナッツバター


個人的にはお気に入りのマイナーブランドがあるのですが、このブランドの方が人気商品なのでランクインさせました。

RSPO認証のグリーンパームを使用していますが、多量摂取による健康被害を気にする方にはもちろんお勧めはしません。

高たんぱく、高脂質、高カロリーが必要な、食が細くて低体重に悩んでいる人には強くお勧めしたいです。

種類が豊富にあるようにも見えますが、基本商品のスムーズ・オペレーターとクランチタイム(砕いたピーナッツ入り)に食感の違いがあるのと、ダークチョコとホワイトチョコの強い風味以外はあまり印象に残っていません。

因みに日本の砂糖を大量に添加したピーナッツバターと違って、どれも甘さ控えめです。

初めてスムーズ・オペレーターやクランチタイムを食べる人は“しょっぱい”とすら感じるかもしれません。

お菓子感覚で食べるならダークチョコが甘くておすすめ!
※ビーズ・ニーズは蜂蜜を使用しています。

第23位:Rapunzel 野菜ブイヨン

Rapunzel 野菜ブイヨン
  • オーガニック
  • ヴィーガン対応
※同ブランドの固形ブイヨンの方にパームオイルが使われていますが、RSPO認証のオイルです。

もちろん乾燥野菜を常備したり、クズ野菜で出汁を取ることを優先したいところですが、農家でも無いかぎり必要なときに必要なものが揃わない事ってありますよね。

Rapunzelの野菜ブイヨンを常備しておけば、最悪の事態は避けられます。

イーストエクストラクトやターメリックが口に合わない方もいるかもしれませんが、洋風スープが直ぐにできます。

塩気が強いので塩分調整には注意が必要ですが、粉末タイプなので使いたい分だけ使えて便利です。

仕事が忙しい方や、まとまったクズ野菜が手に入らない方に。

第22位:Nature’s Path ラブクランチ


※アロハブレンドは乳製品使用、その他は植物性素材のみ。
※チョコ&ベリーはアロハブレンドと同一設備で製造。

オーガニックのグラノーラ(325g)が500円前後(為替水準による)で買えてしまいます。

こんなに安いとお金を出して砂糖や添加物まみれのシリアルやグラノーラを買うのが馬鹿馬鹿しく感じてしまいます。

もちろん食事制限中の方に無理には勧めませんが、美味しいです。

第21位:Bell Plantation PB2粉末ピーナッツバター


高タンパク&低脂肪の粉末ピーナッツバター。

いろんな食事制限と相性が良いのではないでしょうか。

ケミカルな名前に聞こえますが、ローストピーナッツの油を圧搾しただけの天然成分100%・添加物不使用のパウダーです。

食事代わりのミルク&バナナベースのプロテインドリンクを作りたい時に、粉末のままPB2を少量加えれば、舌触りが滑らかになって美味しくなります。

アスリートの方はブランパンにPB2の組み合わせなんかも良いですよね。

水で溶かしてステビアで甘味調整するのがダイエッターのデフォですが、お好みのミルクとシロップで割ればリッチになるので、減量中の人と増量中の人が同居する家庭でも一緒のものが食べられるのが非常に嬉しい。

バナナとストロベリーとグレープは新製品で売り切れしやすいので、売り切れていたら通知希望の設定をしておいた方が良いかもしれないです。

個人的にはチョレートがお気に入りです。

【番外編】二度と買わないTOP3

Sponsored Link

【番外編】昔は好きだったけど食習慣の変化から買わなくなってしまったものや、「お金を出して買うようなものじゃないな」と感じるものまで勝手にランキング形式で発表します・・!

かなり熱狂的なファンのいる商品も含まれるので、あくまでも“個人の趣向”によるものとして聞き流して下さい。

第3位:Huy Fong Foods Inc. スリラチャ


アメリカ長期滞在経験者の方はアジア系レストランで一度は見たことがあると思います。

ヨーロッパでも地域によっては販売されているそうですね。

全アメリカが熱狂するホットチリソース。

ランチ用にマイスリラチャを持ち歩く学生がいたり、スリラチャTシャツが販売されていたり。

僕も2年くらい前までは現役で使っていたのですが、今となってはスリラチャがタバスコに勝てる要素って量だけな気がしてならないんです。

【NG理由】
一般的なタバスコが添加物不使用なのに対して、スリラチャは“ソルビン酸カリウム”が使われていてナチュラルな感じがしない。

味を比べてみても、タバスコの方が味に深みがあって美味しい。

逆にタバスコの味が苦手な人にはスリラチャなんか合うんじゃないかとも思いますが・・。

第2位:SeaSnax製品

SeaSnax製品
  • 海苔のお菓子
  • 非GMO

製品ラインを大きく分けると、海苔に米粉の衣を絡めて揚げたチップスと、そのままの海苔チップスの2種類。

色々なフレーバーで展開しています。

【NG理由】
普通に美味しいです。特にこの会社にも製品にも怨みはありません。でも、わざわざ東アジア居住者がアメリカ経由で買うような商品だとは思えないんです。

コスパも悪すぎる。

普通に美味しいと言いましたが、海苔チップスの方は何だか乾燥アオサをそのまま食べている気分になるし、“味付け海苔や韓国海苔の方が安くて美味しいです”

アジアン・マーケットも近所に無いような国外組の方にとっては価値があるのかもしれません。

第1位:Koyo Natural Foods アジアン野菜ラーメン

Koyo Natural Foods アジアン野菜ラーメン
  • オーガニック
  • 増量剤フリー
  • ヴィーガン

「そもそも何でこんなラーメン買ったのよ?」ってツッコミが入りそうですが、このブログの幾つかあるコンセプトの中の一つに「菜食生活を簡単に」っていうのがあるので、ジャンクフードの記事を書くこともあるんです。

【NG理由】
Koyoのラーメンも全部試したんですが、国内の植物性インスタントラーメンと比べて、
  • 量が少ない
  • 値段が高い
  • 麺の質感が良くない
  • 悲しい気持ちになる
全体的に商品として貧弱なんですよね。

今のところリピートしたい感じではありませんが、Koyoの中では海苔味が一番美味しかったです。

▼それでは、ここから通常のランキングに戻ります!

第20位:Made in Nature オーガニックデーツ


1日1つ食べればマルチビタミンのサプリ要らず。

料理にも使えて便利ですが、日本国内でもここ数年でかなり流通量が増えて来ているのを感じます。

乾物屋さんやナッツ専門店なんかでも置くようになってきているので、“何が何でもiHerbで買わなければならないもの”ではなくなって来ましたが、今でもたまに送料無料目当ての価格調整で入れることがあります。

値段重視ならコストコでオーガニックじゃないのが安く、品質重視なら中東系の食材店で最高グレードの希少な物でも手に入ります。

希少性が無くなってきているので下位にランクインしました。

第19位:Now Foods ステビア液体甘味料


カンジダクレンジングや糖質制限などで、砂糖を使わない人向けの植物性甘味料。

カロリーゼロが嬉しいのですが、使い方に慣れるまでは難しい甘味料だと思います。

フレーバーが沢山ありますが、ちょっとでも食材との相性が悪いと途端に不味くなります。

★1~★5まで幅広い商品レビューが書かれているのはそのためだと思います。

1滴でかなり甘いので、分量調整も要注意。

でも、“ダイエット中の心強い味方”として重宝しています。

個人的にはグリセライトを青汁に入れて飲むのがお気に入りなのですが、グリセライトに合う食材が少ないので、自分で好みの組み合わせを探っていった方が良いと思います。

>>BetterSteviaエキスパウダー

有機でパウダータイプのものもあります。

第18位:Spectrum Naturals サンフラワーオイル

サンフラワーオイル
  • オーガニック
  • 高温調理向け
  • 肌質改善
  • 便秘対策
  • コレステロール低下

以前アボカドオイルが抗酸化作用に優れていて高温調理にも使える!って事でプチ流行した時期がありましたが、日常使いするには値段が可愛くない感じなんですよね。

「コスパ重視で、品質にも妥協したくない・・・。」

色々悩んだ末に落ち着いたのがサンフラワーオイル。
  • アンチエイジング効果
  • 高温調理で酸化しにくい
  • 長期保存で酸化しにくい
  • コスメ素材としても利用可

細かい効果・効能とかはもっとあるんですけど、“加熱調理用の安くて安全なオイル”として最低限の条件が整っていれば一人暮らしの常備オイルとしては合格点かなと思って使っています。

第17位:Fun Fresh Foods ヒマラヤン・ピンクソルト


iherbにヒマラヤのピンクソルトは数多くあるのですが、これが一番人気の商品です。

岩塩を砕いただけなのでブランドによって品質に大きな違いがあるとも思えないのですが、ボトルのキャップが振り掛ける用と沢山出す用の2つあるので便利だと思います。

ただ、キッチンに塩用の保存容器がある場合、お得な詰め替え商品が沢山あるので、それらの方が断然お勧めです。

>>iHerbの天然塩

第16位:Eden Foods ワイルドベリーミックス

Eden Foods ワイルドベリーミックス
  • オーガニック
  • 塩分無添加
  • そのまま食べれる

ナッツが加熱済みなので酵素抑制物質を気にせず、そのまま食べれるタイプです。

健康と美容に良い自然なおやつ。

塩気の効いたナッツが好きな人には物足りなく感じるかもしれませんが、何も添加されていない分グラノーラ作りにもそのまま使えます。

ヨーグルトのトッピングにもどうぞ!

ジャンクフードばかり食べている人にとっては美味しくないかもしれない・・・。

第15位:DeLallo オーガニック全粒小麦パスタ


※パスタの並びは個人的なおすすめ順にしました。

個人的には生活がミニマルな方へ向かっていて、少数精鋭のパスタを一袋だけ保存庫に置いておきたい感じです。シェルパスタならどんなソースにも合うし、サラダやスープにもOkで万能なのでよく買います。

原材料はどれも一緒なのでお好みのもの&目的に合ったものをどうぞ。

食事制限でグルテンを避けている方には関係ないかもしれませんが、農薬やGI値を気にする方にはオススメですよ。

最初はモソモソして食べにくく感じるかもしれませんが、慣れると精製パスタでは物足りなく感じるようになります。

第14位:Yogi Tea お肌を解毒するお茶

Yogi Teaスキン・デトックス
  • オーガニック
  • 自然療法
  • ホリスティック
  • 目的別ハーブティー

iHerbには症状別のハーブティーが数多くあります。
  • 美容
  • 緊張緩和
  • 睡眠改善
  • PMSの症状緩和
なので特定のブランドや製品を万人にお勧めはできないのですが、個人的なお気に入りはYogi TeaとOrganic IndiaのTulsi(ホーリーバジル)かなと。

どちらもハーブティーが苦手な人にはおすすめできない独特な香りのものが多いですが、「西洋医学とはできるだけ距離を置きたいけど、ナチュロパシーについて本気で勉強するのも面倒だなー」って人におすすめします。

▼目的別にブレンドされたハーブティー
>>Yogi Tea

▼万能ハーブティー
>>Tulsi(ホーリーバジル)

第13位:Sunwarrior ヴィーガンプロテイン

ロー・チョコレート
発芽&発酵チョコレート
  • ヴィーガン
  • ノンGMO
  • オーガニック
  • BPAフリー

ローフーディストの方でも食べられるヴィーガンプロテインです。

発芽&発酵の方も嬉しいローフードで、合成甘味料や着色料・防腐剤なんかは入っていません。

発芽&発酵の方が玄米ベースで、ローの方がエンドウ豆・ヘンプシード・ゴジベリーがベースのプロテインです。

どちらもとても美味しいので、ヴィーガンじゃない筋トレ女子にも普段からお勧めしています。

ただ、実際に一人一人数えたわけじゃないですが、ヴィーガンのボディービルダーや格闘家の間でプロテイン何使ってる?って話になるとvegaを使っている人の方が若干多く感じます。

Sunwarrior を勧めておいて悪いんですけど、僕もvegaのプロテインを使う事の方が多いです。

あと余談ですが、植物性プロテインはプロテイン含有量が少ないでしょ?とディスって来る人が非常に多いのですが、単純にベジタリアンの人は不自然にアイソレートされた食品を好まずに、精製度が低いものを好む傾向が強いからメーカー側もそうしているってだけで、ホエイプロテインは製法上の問題でホエイプロテインが多くなるし、BCAAサプリはBCAA含有量が多くなるのは当然の話しですよね。

▼個人的なステレオタイプな印象では、
  • 【VEGA】⇒アルギニンの割合が多いので、フリーウエイト中心で気合入ってる人向け
  • 【Sunwarrior】⇒“食品として”優秀なので、クロスフィットが趣味のフィットネスモデル向け。
なんか、適当なこと言ってごめんなさい(笑)

実際Sunwarrior愛好者のボディービルダーもいますし、VEGA使っている女性も沢山いますよ。

アミノ酸プロフィールで比べてみても、食事の重要度に比べたら五十歩百歩な気がします。

>>VEGA SPORT

第12位:Big Tree Farms ココナッツシュガー

Big Tree Farms ココナッツシュガー
  • オーガニック
  • 非GMO
  • 未精製
  • フェアトレード

未精製糖なので血糖値の乱高下を気にしている方に。

iHerbのココナッツシュガーは人気上位5位くらいまでしか試していませんが、本音を言えばどれを選んでも大差は無いと思います。

実際に食べ比べをすれば、はっきりと風味の違いが分かるんですけど、特定の料理を作り続けるレストランでも無いし別にいいかな?と。

ココナッツシュガーは良い意味でも悪い意味でも黒糖みたいな強いクセが強いので、利用目的によっては合うものと合わないものが出てきてしまいます。

黒糖の代替としては違和感無く馴染みやすいですが、カフェオレの白砂糖代わりとして使うと合わない場合が多いです。

※豆乳のブランドや豆、豆の倍鮮度の組み合わせにもよるので、断定的なことは言えないですが。

Big Tree Farmsの製品は一番人気なだけあって開封時の香りがフルーティーで新鮮な時が多いですし、悪い意味での黒糖っぽさが弱いと思います。

でも、ブランドごとの違いは微々たるものな気もします。

>>ココナッツ シュガー

クセの強い甘味料だと思うので、これで何でも作れるとは思いません。

第11位:Now Foods オーガニックポップコーン

オーガニックポップコーン
  • オーガニック
  • ノンGMO
  • ヴィーガン

個人的にはもっと上位にしてあげたいお気に入りのヘルシーなジャンクフード(笑)です。

オーガニックなのに安い。

絶対に食べないわけでも無いんですが、アンチエイジングの観点からポテトチップスやフレンチフライのような揚げたジャガイモをなるべく避けています。

そんな食事制限があっても罪悪感が少なく食べられます。
  • アンチエイジング
  • 血糖値のコントロール
  • 食物繊維たっぷり
たんぱく質・ビタミン・ミネラルたっぷりなので、体を酸化させまくるポテチを食べるくらいなら・・・、って事でポップコーンを選ぶ事が多いです。

第10位:Endangered Species Chocolate ダークチョコレート


自然環境や動物の保護、生産農園従事者の生計の向上にも配慮したチョコレートです。

日本で販売されている一般的なミルクチョコレートには、
  • パーム油使用による環境破壊と動物虐待
  • 白砂糖による健康被害
  • 地域労働者からの搾取
  • 児童労働・子供の奴隷
といった問題がありますが、Endangered Speciesはそういったチョコレートよりかは幾分マシかな?と思っています。

ただ、iHerbには他にオーガニックチョコレートもあるし、どのブランドがどれだけ環境負荷が低くて持続可能な生産方法を取っているのか、個人の立場からは総合的に見て判断しかねる部分もあります。

もっと環境負荷の低いブランドがあるならそっちに移りたいので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

>>Alter Eco

>>Nibmor

それぞれミルクが使用されている製品も展開しているので、ヴィーガンの方は成分表示もご確認下さい。

第9位:Navitas Naturals スイートローチョコニブ

カカオニブ(454g)
カカオニブ(113 g)
  • オーガニック
  • ノンGMO
  • ヴィーガン

ポリフェノールや食物繊維、ミネラル豊富で幸福効果やアンチエイジングも期待できるスーパーフード。

オートミールやアサイーボウルにパラパラと振りかけて食べられている事が多いですが、個人的には一度ミキサーで完成させたバナナベースのスムージーやプロテインドリンクに加え、軽めに3~5秒ほど再攪拌する食べ方がお気に入りです。

スムージーやシェイクは本来食べ物なので、噛みながら飲まないと唾液が充分に出ないので、カカオニブのつぶつぶがあれば強制的に噛みながら飲むことになって栄養の摂取効率も上がります。

Navitas Naturalsのカカオニブはチョココーティングされているので、「一般的なニブが苦すぎて二度と食べたくないかなー」って人にこそ再チャレンジしてほしい、甘くてほろ苦くて美味しいニブです。

一人で食べるには“大サイズ”だと量が多すぎて、“小サイズ”だと小さく感じます。

酸化した食品をあまり食べたくないので“小サイズ”をこまめに買い足すようにしていますが・・。

第8位:Amy’s ベジタリアン・スープ


震災で避難所生活になったら食べれるものが無いなと思って、防災カバンの中に入れる良い感じの缶詰(BPAフリー)は無いかな?と探しているときに出会ったのがAmy’sでした。

基本的な材料はシンプルなオーガニック野菜なんですが、一般家庭でオーガニック野菜を数多く揃えるのって中々難しいですよね?

特に豆系のペーストのものは、オーガニック素材なのに350円前後(為替水準による)で、1回じゃ食べきれないくらいの量で、味も非常に美味しいです。

>>Amy’s商品一覧

一手間加えれば、更に美味しくなりますよ。
乳製品使用やハズレ商品も一部あるのでご注意下さい。
Amy’sのスープは大好きで、かなり食べてきたので特集記事も書いています。↓

Amy'sの人気オーガニック野菜スープのおすすめランキング!

2017.03.14

第7位:Edward & Sons ココナッツフレーク

Edward & Sons ココナッツフレーク
  • オーガニック
  • 無糖
  • ヴィーガン
  • 防腐剤不使用

ドライ・ココナッツはブランドや製法によって数多くありますが、このココナッツフレークは人気なだけあって使い勝手も良いし味も美味しいです。

もっと分厚いチャンクから、フレーク、ファイン、フラワーと、細かくなっていくんですが、細かくなったからと言って調理&加工がしやすいとも限らないんです。

試しにチャンクやフレークとメープルシロップとお湯をハイパワーブレンダーで攪拌してみてください。

繊維が若干残りますが、美味しいホットココナッツミルクになります。

しかしファインやフラワーで同じ事をしようとしても、ブレンダーの中でぐるぐる回ってしまってミルク状にならないんです。

ブレンダーの性能の問題も多少は関係しているはずですが、フレークを選べば失敗しにくいのでおすすめです。

フレークだと、ドライフルーツとしても愉しめるので更に嬉しい。

生の状態で一気に食べすぎると、食物繊維でお腹壊しやすくなるので注意が必要。

第6位:Woodstock オーガニックピスタチオ

Woodstockオーガニックピスタチオ
  • オーガニック
  • ヴィーガン
  • 美味しい

とにかく、これより美味しいピスタチオを食べたことが無いです。

オーガニックで品質も良いし、ロースト具合も良いし、塩気もちょうど良い。

ベジタリアンのお友達に配りまくっています。

ただ、高価なので日常食として厳しい方は、Now Foodsのピスタチオが安くて良いんじゃないかと。※2017/9/12追記:最近見たらWoodstockが値下げされていたので、Woodstock良いですよ!

>>Now Foodsピスタチオ

品質は値段相応な気もしますが、コンビニのピスタチオより安くて美味しい。

第5位:Simply Organic カレーパウダー


オーガニックなのに安い。

褒め言葉ですが、『単なるカレー粉』です。

それだけに日本風のカレーにも、インドカレー、お惣菜やスープにも使えます。

第4位:Barlean’s オーガニックバージンココナッツオイル

Barlean’s ココナッツオイル
  • オーガニック
  • 溶剤&ケミカルフリー
  • コールドプレス

ココナッツオイルは好みにもよりますし、他の食材との相性によって最終的な味も変わりますし、正解は無いとは思います。

それでも、iHerbのココナッツオイルの中で一つだけお勧めを挙げるならBarlean’sの製品です。

単純にココナッツの甘い香りが濃厚に感じられるし、ブランドによっては強く感じられるココナッツの皮のウッディーな香りのような違和感も無し。

ただ、人気ランキングを見る限り、エキストラバージンココナッツオイルはコストパフォーマンスで選ばれる事が多いようなので、一応カテゴリーページのリンクも乗せておきます。

>>ココナッツオイル一覧

こういう素材系の商品は自分の味覚や用途に従うのが一番ですよね。

第3位:Lundberg 玄米水飴

Lundberg 玄米水飴
  • オーガニック
  • 非GMO
  • やさしい

「オーガニックなのに安い!」の一言に尽きます。

なんにでも白砂糖を使う人には関係ないかもしれませんが、低GIなのにココナッツシュガーやデーツのように料理の風味を邪魔しないので、個人的なお気に入りの甘味料です。

ただ、その分甘みは弱いので、“コーヒーに大匙1杯とか入れても全然甘くならない”ですし、水飴くらいの粘度なので毎日何度もドリンクに使ったりするには不便なところもあります。

因みに、日本国内で販売されているほとんどの透明な水飴は“遺伝子組み換え材料不分別”です。

第2位:Bob’s Red Mill 極厚ロールドオーツ


オーガニックでこの値段なのが非常に嬉しい。

グリホサート使用の某有名ブランドのオーツとコスパも変わらないし、戦争の間接支援もしないで済みます。

オーツ初心者の方には、この極厚ロールドオーツが色んなレシピにも使いやすいし、美味しいのでお勧めしています。

第1位:Now Foods メープルシロップ・グレードA

Now Foods メープルシロップ
  • オーガニック
  • 非GMO
  • ヴィーガン

オーガニックのメープルシロップが安い。

日本市場向けの“メープル風味”のシロップではありません。

お得な値段の倍のサイズもありますが、割引率が嬉しくなるほど良くはないので普段はこっちの小さいサイズを小まめに買い足すようにしています。

もちろん“防腐剤無添加のオーガニック食品なので、保存状態が良くないとカビるそうです”
※僕は半年くらい開封状態で冷蔵保存していた時も問題無かったですが。

グレードの呼称に関して、ざっくり言うと樹液の採取時期や味の濃さの違いなので、食品としての品質の良し悪しでは無いのでご安心下さい。

グレードによって得手不得手がありますが、これはメープルの香りの強いタイプなので、“メープル大好きな人におすすめ”です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最初に下書きを準備したときには素材系の食品ばかりの面白みの無い記事になってしまったので、若干マス向けの記事に再編集してあります。

過去にハマっていた加工食品とかも入れてみましたし、基本的に万人向けの食品は無いはずですから判断はお任せします。気に入らない商品があったとしても、無意味な反発心に身を委ねないで下さい。

今回のランキングは個人の趣味と、実際の人気ランキングを合わせたものなので、本当の人気食品ランキングが知りたい方は実際の人気食品ランキングもどうぞ。↓

>>人気食品ランキング※5%OFFクーポン付きリンクです。

紹介しきれなかったおもしろい食品がまだまだありますよ。

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)