【ヴィーガン】皮も食べれる揚げバナナの簡単レシピ!

バナナの皮には体の緊張を和らげてくれるカリウムとマグネシウムが、実の部分の2倍含まれているそうです。

更には精神を安定させる効果もあるので積極的に食べたいところですね。

ここ数年ではスーパーでも無農薬&ポストハーベスト不使用のバナナが手に入るようになって来ているので、皮まで無駄なく食べれるレシピも覚えておいて損は無いんじゃないでしょうか。

※この献立の調理時間の目安は、15分です。

Sponsored Link

レシピ

材料:1人前
    バナナ:1本
  • ★水:40ml
  • ★小麦粉:40g
  • ★ココナッツシュガー:大さじ1
  • ココナッツオイル:大さじ4以上
  • メープルシロップ:適量
  • シナモンパウダー:適量
  • ※オプション:泡立てた豆乳クリーム・ココナッツホイップ等….適量
    ※オプション:カカオニブ….適量

メガネ
皮ごと食べるには無農薬andポストハーベスト不使用のものを選んで下さい。
【代用品】
  • 小麦粉⇒全粒粉・米粉・大豆粉、お好みの粉で。
  • ココナッツシュガー⇒甜菜糖・黒糖など、お好みの甘味料で

【つくりかた】

1.バナナをよく洗う
2.洗っておいたバナナを食べやすい大きさに切る(頭とおしりは美味しくないので捨てる)
3.合わせた★にバナナを絡ませる
4.高温のオイルで揚げ焼く
5.メープルシロップ等をかけて完成

【お料理メモ】

・これ一品でお腹一杯になりたいズボラな時は、水10ml粉10gずつ増やせばクレープも追加で焼けます。

・ココナッツオイルを指定しましたが、普段利用している揚げ油で良いと思います。
メガネ
冬場にココナッツオイルで揚げ物して飛び散ると、冷えて固まって掃除が面倒になります(笑)

あとがき

とても甘くて美味しいし、栄養豊富で言う事なしです。

実際のところバナナの皮は気構えるほどクセのある食材でも無いです。

・新鮮なバナナだと実が崩れ難いけど、皮が少し食べにくい。

・シュガースポットの出たのだと調理しにくいけど、皮が柔らかくて美味しい。

今回のレシピは甘いバナナなので甘いお菓子に仕上げましたが、本来揚げバナナを常食する国では、緑っぽい固くて甘くないのが使われている事が多いですよね。

次はスパイスを使って仕上げてみたいです。

・バナナはそのまま⇒皮だけ揚げる。
・バナナは揚げて⇒皮はお茶にする。

みたいな使い方もいいんじゃないかと。

【関連記事】バナナの皮の食べるお茶のレシピ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

今日も、素敵な1日をお過ごし下さい(^^)

Sponsored Link

シェアしてくれると嬉しいです(^^)